ラジオTECSUN PL-310ET

乾電池で動作するただのラジオですが、一人で寂しいテントの中では、ひとときの憩いの時間になります.

内容の項目

キャンプとラジオ

ひとりでキャンプ場にいる時に、別に聞いていなくても、ラジオの音声があるだけで心が休まる時があります。
ラジオなんて、なくても構わないけれど、
悪天候で足止めを喰らうことは、旅をしていると多々あります。
そんな時、テントの中で、地方局のラジオ番組のトークを聞いていると、心が和むことがあります。

ちょっとめんどくさいラジオ

まとめ TECSUN PL-310ET

良い点

  1. コンパクトで軽量(電池込みで250g)
  2. 受信感度が高く音声はクリア
  3. 乾電池仕様なので故障劣化が少ない
  4. 温度計と時計が表示できる
  5. 短波まで受信できるのに価格は安い
 

気になる点

  1. 前面ボタンの文字が小さくタッチが硬い
  2. 慣れるまでは、扱い方が難しい
  3. 乾電池三本仕様

使い方を忘れた時 PL-310ET

  1. 電源ボタン
  2. 表示 / キーロックボタン ( ロックの時長押し、または電池を一度外す )
  3. 液晶バックライト / スヌーズボタン
  4. 簡単選曲 ( ETM : Easy Tuning Mode ) ボタン
  5. メモリー ( モード ) / 周波数モードボタン ( 数秒聞きながら移動するので、知らない土地で選曲するのに最適 )
  6. FM ステレオ / AM 帯域幅ボタン
  7. FM / 自動メモリーボタン
  8. MW / LW / 自動メモリーボタン
  9. 数字キー / FM 設定 / 12/24 表示 / 9/10kHz / 操作音ボタン
  10. メモリーボタン
  11. ↩︎/ 削除ボタン
  12. SW / 自動メモリー ボタン
  13. 時刻ボタン
  14. アラームボタン

15. FM / SW アンテナ端子
19. 選曲ダイヤヤル
21. 音量ダイヤル

時刻設定 > 13. 時刻ボタンを押してダイヤルを回すか、数値キーをダイレクトに入力 , 12/24 表示切り替え 電源 OFFで数字キー2 で切り替わる.

スリープタイマー > 電源ボタン長押し ディスプレイ2 , 設定は点滅時に選局ダイアル

アラーム > ディスプレイ 2 : ボタン14.アラームボタンを押して切り替え , 長押しで設定

受信帯域変更  ( 電源OFF で) > FMは数字キー 1 , MW は数字キー 3

旅の途中にテントの中で雨で足止めされた時、ラジオから声が聞こえるだけで、少し和みますね。

4件のフィードバック

  1. 逆だと思います。AIWA製のOEMではなく、TECSUN製のOEMがAIWAです。
    事実、AIWAブランドも中国製と書かれています。(つまりTECSUNが製造している)
    TECSUNが製造してOEMとしてAIWAに出しているということです。
    現在のAIWAは、ラジオを製造している部署はありません。
    他社を含め日本製ラジオはとっくに皆無。残念なことです。
    私もバイクで日本中旅しています。
    北海道、佐渡はいいですね。奄美、五島、利尻、礼文もお勧めです。

    1. Hirooさん、鋭いご指摘ありがとうございました。
      AIWAの製品だけではなく、ほとんどの電気製品が中国で作られているのが現実ですね。
      そうですか、TECSUNのOEMがAIWAなんですね。
      私は、気が向いたら計画せずに旅に出かけるのですが、日本には良かったところがたくさんありました。
      特に、のんびりと、時間が進む場所が好きなので、Hirooさんと同じかもしれませんね。

  2. PL310~ETの英語表示板タイプを長年使っています
    勘で使っていましたが、この記事を読んで不明だったボタンの操作が氷解し
    正に感謝であります

    通信型オールウェーブラジオの経験はあったが、やはりOEMの日本語パネル表示タイプが理解しやすいと思いました。

    1. 横山さん、ご投稿ありがとうございます。
      私も、ラジオはキャンプに行く時くらいしか使わないので、使用方法を忘れてしまいます。
      キャンプ場からこのページを見て使い方を思い出すために、載せたものです。
      お役に立てて何よりです。
      ボタンの多いインターフェースは慣れると素早く操作できますが、たまに使うと余計に時間がかかりますね。
      もっと、単純なインターフェースのラジオがあると良いのかもしれませんね。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

アウテックス チューブレスキット
旅のノウハウ

チューブレス化

オフロードバイクに多いスポークホイールのチューブタイヤのパンク修理はとても大変です。チューブレス化して簡単に修理できるようにしました。

バイク旅テント
旅のノウハウ

バイク旅テント

バイク旅に最適なテントはスタイルによって違うと思いますが、軽くコンパクトで組み立てが素早くできるのが最適です。

佐多岬野営場
旅のノウハウ

雨天はテントで

旅の雨天はテントで過ごす。カッパを着ていても、雨に濡れるのは不快であり、旅の離脱の原因になります。

ビードを落とす
旅のノウハウ

チューブタイヤのパンク修理

チューブタイヤのパンク修理は、ホイールからタイヤを外してチューブを露出させてパッチを貼る必要があります。とても大変な作業です。

通行止め
旅のノウハウ

通行止めを把握しよう

目的地の途中の通行止めで大幅に予定が狂うことが多々あります. あらかじめ、通行止め区間を把握する方法を考えます.

バイク旅と天候
旅のノウハウ

バイク旅と天候

天気予報の先読みをすることでバイク旅を楽しくできるかのしれません. お天気マップ Windy の雲を見れば天候が予想できます.

Translate »