軽量薪ストーブ 組立式

バイクでも持ち運べる薪ストーブを調査してみた。チタン製で組立式、2kg以下ならば十分実用になります。

内容の項目

テントで使える薪ストーブ

ドーム型のホットテントを購入してから、薪ストーブにちょっと興味がでてきたので、研究してみた。
好みの薪ストーブは、軽くてコンパクト。
調べて見ると、チタン製で組立式が良さそうなので、何点か取り上げてみよう。

なぜ薪ストーブ

薪ストーブの利点は、タープなどの下でも火が使えるので、悪天候でも比較的安全にしようできること。
もう一つは、少ない燃料(薪)で効率的に熱を利用できることが挙げられる。

したがって、長時間火を絶やしたくない場合には好都合な熱源になるのだ。
寒い時期のキャンプにはとても都合が良いのがその理由だ。

組立式の注意点

組立式の薪ストーブは、熱による変形が起こるので、ストーブに隙間が発生して煙が漏れ出すそうです。
そのため、テント内を締め切って使用するのはNGだそうです。
また、風等で薪ストーブが移動したり倒れたりする可能性があるので、煙突の先にガイロープで固定して使う必要がある。

組立式は、基本的に小型を目的にしているので、長い薪はそのままでは入らないので、切ったり割ったりして薪のサイズを整える必要がある。

POMOLY T1 Mini 2.1kg チタンテントストーブ

POMOLYの薪ストーブには定評があって、品質が高いとされている。
少し高価だが、何度も買い換えるのが嫌ならば、最初からこのメーカーのストーブを購入することをオススメする。

  1. 材質 チタン 1 mm
  2. 重さ 2.1 kg (2.7 kg)
  3. 組立サイズ : 30.5 x 19.5 x 23.5 / 16 cm 煙突高さ:240cm
  4. 収納サイズ:30.5 x 19.5 x 5 cm 
pomoly

POMOLYのサイト

POMOLY はアウトドア用品のブランド

最新版は、1 mmのチタン板を使っているので、熱による変形は少ない。

商品のリンクはPOMOLY製ですが、0.6mm厚のチタン製です。
熱による変形が懸念されます。

TOMOUNT チタン薪ストーブ

  1. 材質 チタン 1 mm
  2. 重さ 2 kg
  3. 組立サイズ:30.5 x 19.5 x 24.5 cm 煙突高さ:200cm
  4. 収納サイズ:31 x 20 x 5 cm

1mm厚のチタン板を使用してしっかりとした作りで0.6mmとは違い、熱による変形がほとんどない。(少しは歪むようですが)
チタンの変形を抑えるには、ゆっくりと加熱して全体の急激な温度差を作らないのが肝心のようです。
サイズは他の軽量薪ストーブよりも小さいので、薪の長さを切って調整する必要あり。

CHANGE MOORE 薪ストーブ 軽量1.2kg

  1. 材質 チタン
  2. 重さ 1.2kg
  3. 組立サイズ:40 x 20 x 280cm 煙突高さ:250cm
  4. 収納サイズ:42 x 26 x 6cm

評価 軽量設計故ボディパネルはすぐベコベコになるかもしれません。
しかし、長めの薪でも入れられるし、持ち運びも、とても軽いのが最大の特徴。

WINNERWELL バックパックチタン薪ストーブ 998g

  1. 材質 チタン
  2. 重さ 998g
  3. 組立サイズ:32.5 x 15.2 x 15cm 煙突高さ:2258cm
  4. 収納サイズ:32.5 x 23 x 8.5cm

WINNERWELL バックパック チタン 折りたたみ キャンプ 薪ストーブ ソロ ツーリング キャンプ ウッドストーブ 【SKU910245】

すばやく組み立てられて、コンパクトに収納可能なチタン製フォールディング薪ストーブです。 ストーブ本体と煙突の合計重量はわずか998g。

1kgを切る薪ストーブだ。
価格も4万円を切って登場で、熱による変形も抑えられた構造です。
天板を外して焚き火台としても使用できるみたい。
ただし、普通に売られている薪は、そのままでは入らないサイズなので注意!

注意 : 投稿内容には、時間の経過によって変更になった情報が含まれる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

Translate »