チューブレス化

オフロードバイクに多いスポークホイールのチューブタイヤのパンク修理はとても大変です。チューブレス化して簡単に修理できるようにしました。

内容の項目

アウテックス(OUTEX)のチューブレスキット

アウテックス(OUTEX)のチューブレスキット
アウテックス(OUTEX)のチューブレスキット リヤのみ

リムに貫通してスポークを固定するタイプのスポークホイールは、リムに穴が空いているので空気が漏れます。
チューブレス化するには、そのリムの穴の空気の漏れを止めれば良いわけです。

アウテックス(OUTEX)のチューブレスキットを試してみることにしました。

チューブレスキット施工

付属の説明書に従って、施工する。

結構めんどくさいが、

チューブレス化

リヤタイヤをチューブレス化

めんどうくさいチューブタイヤのパンク対策として、スポークホイールのチューブレス化することにしました。

チューブレスタイヤを履く

チューブレスタイヤ
チューブレスタイヤ IRC GP210

チューブレス化したスポークホイールには、当然、チューブレスタイヤが必要になる。
今回は、IRC GP-210 TUBELESS を選択した。

IRC GP210 タイヤ交換 CRF250

IRC GP210 タイヤ交換 CRF250

GP210は、溝が少し太くて深いだけのオンロードタイヤのようだ。オフロードのグリップは期待できないが、オンロードはメッチャ快適!

注意 : 投稿内容には、時間の経過によって変更になった情報が含まれる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Translate »