POMOLY Dune Solo 軽量テントデューンソロ

POMOLY Dune Soloは、薪ストーブが使える1人用のセンスの良いデザインの軽量ホットテントです。

内容の項目

軽量テントデューンソロのサイズ

2人用サイズのテントを一人用のインナーと広く使える前室の組み合わせは、バイク旅でも、一つの理想の形です。

POMOLY Dune Soloテントは、2人用サイズのドーム型テントを一人用に割り切って大きめの前室を確保したテントです。

「いいですね!」

全長が220cmで幅が210cmのコンパクトなテントです。
床の形は、ちょうど正六角形で、対角線でインナーテントと前室を区切っています。

前室の天井の高さは、最大約115cmなので普通の身長の人ならば、ローチェアで座ってくつろぐことが可能だろう。
簡単な料理も十分可能な広さを有します。

このテントを設計した人は、ポータブルの薪ストーブを入れて楽しめるように考えているようですが、バイク旅にも良さそうな設計ですね。

特徴

  • Dune Soloはテントの中で薪ストーブが使える1人用のキャンプ用ホットテントです。
  • Dune Solo には 7001アルミニウム合金テントポールが装備されており、風雨の中でもテントの安定性を確保します。
  • 跳ね上げ可能なサイドパネル – キャノピーとして使用/簡単に出入りできます。
  • 20Dリップストップ・シルナイロン生地 – 耐水圧PU 2500mm 。

製品の概要

収容人数1P &薪ストーブ
ストーブジャックDIY 耐熱
カラーダークブラウン/ブラック
ドア2 つ
アウトテントの生地20D リップストップ・シルナイロ PU 2500mm
防水加工ヒートテープ防水継ぎ目
インナーテントの生地20D リップストップ・シルナイロ PU 1500mm
テントポール7001 アルミニウム合金 / 9.5mm
テントの高さ3.77 フィート / 115 cm
付属品の重量2.1 ポンド / 0.95 kg
アウトテントの重量2.43 ポンド / 1.1 kg
インナーテントの重量1.43 ポンド / 0.65 kg
シーズン 4シーズン

総重量は、2.8kgくらい、

収納時の長さは40cmくらいで十分に小さい。

メーカーについて

なぜ我々はpomolyと呼ばれるのですか?

pomo(ポモ族)は、カリフォルニアあたりに住む先住民、すなはちインデアンだそうです。

テーパー(teepee)テントは、遊牧生活に適していたので、ポモ族は伝統的に好んで作っていました。

ブランドPOMOLYは、pomoの強い創造の意味を継承し、teepee製品を改善して開放と創造性のあるデザインを実現する意味でPOMPLY(ポモリー)と呼ぶことにしたそうです。

ポモリーのテントはワンポールのteepeeテントが主流で、薪ストーブ用の煙突穴が標準で装備されています。

今回取り上げた、dune soro はteepeeテントではなくドーム型テントですが、薪ストーブ用の煙突穴が装備されています。よりコンパクトな装備で薪ストーブを使えるテントと言えます。

※ dune は砂丘、風によってできた砂の隆起みたいな意味。

pomoly

POMOLYのサイト

POMOLY はアウトドア用品のブランド

バイク旅のテントの一つの最適解

バイクで旅をしていると、テントで寝泊まりすることは、結構めんどくさいなと感じることが多いです。
また、移動しながらのテント泊は、海沿いと高原では気温などの気象条件が異なるし、天候などの影響も大きいのが現実です。

そんなバイク旅のテントの理想を考えると、

軽くてコンパクトでどんな天候でも快適性が高いテントが好まれると考えます。
快適性と軽くてコンパクトは、ある意味で相反する性能で、テントの中が狭いと不便なことが多く、前室の大きな快適空間のあるテントは大きくて重いことがほとんどと感じます。

そして、前室で椅子(ただしローチェア)に座れる快適性があれば、雨天でも苦にならずにテント内で過ごせると考えるからです。

重さ2.8kg

ソロテントで2.8kgは重い方になると思いますが、ローチェアに座れる前室が確保できるのであれば十分に軽量だと考えます。
この重さは付属のアルミ製ペグや収納袋を含む重さです。

ドーム型

ドーム型である優位性とは、地面に関係なくテントが建つということです。
ただ、アライテントのドマドームのように完全な形にはなりませんが、どんな地面でも、建つことが重要です。
そして、このテントのポールの使い方は、まさに天才が考えた構成に感じます。
少ないポールでテントの形が半球型になるように設計されています。
焚火台でいえば、ピコグリル398を考えた人のように、ある意味で天才ですね。

また、インナーテントを片側半分とすることで、天井の高い前室を確保できるのも、斬新な考えである。
ちなみに、インナーテントの幅は約100cmくらいなので、完全な一人用です。
ただ、インナーテントとアウターテントの距離の近いところは結露しやすいかもしれません。対策は、インナーテントの上側にはメッシュ部分が多くなっている。

ポールはアウターテント

ポールにアウターテント(フライ)を被せるタイプのテントでは、雨によって生地が伸びるとアウターの生地が弛んでインナーテントの生地と接触してインナーテント内が結露することがある。
アウターテントがポールに固定されると、ポールの張力により生地がピンと張ることによって、接触による結露は、しづらくなる。
また、非常時の雨天時の設営や撤収時にインナーテントが濡れづらいメリットもあるかと思います。

POMOLY Dune Solo を購入してテスト

製品の写真

設営

アルミポールは全てテンションコードで繋がっている。
3本のポールを組み立てるよりも、ちょっとめんどくさいが、慣れれば大丈夫かな。
ポールの組み立ては難しくないが、1箇所のみキツいところがあった。(製品の不具合か)

ポールとアウターテントの組み立ては難しくないが、留める箇所が多いので少し面倒くさい。
まあ、馴れば、問題はない。

設営後

テントのサイズは、山岳テントに比べると15cm程度背が高いので大柄に感じます。
フライは地面に近いところまであるので、完全ではありませんが冷気の侵入は少ない印象です。

フライの生地は20Dナイロンで薄いですが、弱そうな感じはありません。
そして、色合いも自然に溶け込むような良い色だと思います。

アウターテントの開口部は、前室とインナーテント側の2箇所ある。

ソロ旅で使うので前室は、十分なスペースがあると思う。
インナーテントの外側の開口部ドアにはメッシュがないのが惜しいかも。
後ろ側のインナーテント側の出入り口は雨の時には、雨水が入りそうなので、出入りには使えないかな。

テント内

パッとみた印象

サイズ感や重さに関しては、軽くコンパクトに感じます。
また、収納袋や収納方法に関しては、とても良いですね。
これならば、フライやインナーテントを適当に畳んでも、収納袋に入らないことはなさそうです。

一発で気に入りました。

注意 : 投稿内容には、時間の経過によって変更になった情報が含まれる可能性があります。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

Translate »