三国峠 北海道 国道最高点

三国峠は、上川郡上川町と河東郡上士幌町の境にある国道273号の峠で、北海道の国道の中で最も高1,139mです。

内容の項目

三国峠(北海道)

三国峠(みくにとうげ)大雪山国立公園内にあり、北海道の国道最高点となるところの標高は1,139 mである。 周囲はトドマツやエゾマツの樹海が広がっており、9月下旬から10月上旬にかけて黄葉景色を楽しむことができる。 上川方面は大雪山・大雪ダム(大雪湖)・層雲峡・層雲峡温泉などが、上士幌方面は幌加温泉・糠平ダム(糠平湖)・タウシュベツ川橋梁・ぬかびら温泉などの観光地がある。 北の大雪湖から三国峠を挟んで南の上士幌町三股までの間の国道273号沿いに人家は一軒もなく、エゾシカやキタキツネ、エゾヒグマが生息する大雪山地の原生林が広がる。

位置

〒080-1401 北海道河東郡上士幌町三股

大雪山国立公園、旭岳の東側のやや南に位置する。
本来の峠は、トンネル・三国峠隧道の上側に位置する。

三国峠地図

三国峠

三国峠展望台

国道273号の最高点付近は、カルデラの外輪山にあたる。
北海道の国道では最も高い標高1,139mの三国峠から見下ろす大樹海は、約100万年前の大噴火で形成された十勝三股カルデラ(とかちみつまたカルデラ)です。
東大雪の山々に囲まれたその地には現在、針葉樹と紅葉樹の混交林が広がり、美しい景観をつくっています。かつて中心地には、旧国鉄士幌線の終着駅と集落がありました。木材の積み出し基地として栄え、1960年(昭和35年)には2000人を超える人々が暮らしていたといいます。

三国峠展望台では、写真ではうまく表現できない、スケールの大きな、素敵な風景を見せてくれました。
これらの写真は5月中旬です。

松見大橋

松見大橋

美しく緩やかなS字カーブを描く松見大橋は、橋長330m、高さ30mの1988(昭和63)年に完成した。
この時は、この橋を眺めるために、道路脇に展望スペースが設けられていました。

近くの観光地

幌加駅跡

士幌線の起点・帯広駅から69km、終点・十勝三股駅まで7kmの位置にあり1939年に開業。
1978年、糠平駅~十勝三股駅間18.6kmの列車運行が廃止され、バスによる代行運送に変わり、幌加の駅としての役割は終わった。

タウシュベツ展望台

タウシュベツ川橋梁は、旧国鉄士幌線の糠平ー幌加間に建設されましたが、1955年、糠平ダムの完成にともない、使われなくなりました。
糠平湖の水位によて見え隠れする「まぼろしの橋」と言われています。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

走古丹先端.
旅の記録

旅 北海道 2024春 道東

阿寒摩周の火山地形からすばらしい知床峠、そして海流で作られた砂州や砂嘴そして湿原のあるところ。

稚内港北防波堤ドーム
旅の記録

旅 北海道 2024春 オロロンライン

混雑が嫌いな俺は、客がまばらな5月の北海道の旅に出かけた。オロロンラインで日本海側を北上し稚内から礼文・利尻島へ。

白い道
旅の好奇心

白い道 宗谷丘陵

稚内の宗谷丘陵にある3kmの白い道。緑の草むらの中、紺碧の海に向かってまっすぐに伸びる道の正体はホタテの貝殻だ。

根室車石
旅の好奇心

放射状節理 根室車石

花咲岬の灯台のすぐ下にある根室車石は、直径が6mにもなる大きな車輪のような岩は、放射状節理という。

知床峠道
旅の好奇心

国道334号 知床横断道路

知床横断道路は、全長27kmの曲がりくねった峠道、最頂部にあたる知床峠は標高738m、眺めも最高です。

Translate »