めんどくせぇサイト

めんどくせぇサイトBLOG

菩提寺(ぼだいじ)は、青森県むつ市の恐山にある曹洞宗の寺院。恐山菩提寺とも称される。 本坊は円通寺が勤めている。 開山期間は5月1日から10月31日で、毎年7月20日から24日に恐山大祭が行われる。
恐山は死者の霊魂が集まる場所と信じられており、恐山大祭ではイタコの口寄せも行われる。

境内の宇曽利山湖寄りには噴気や温泉の湧出があり、賽の河原や極楽浜と呼ばれる地形がある。
境内には4つの温泉があり、共同浴場として利用されている。

この寺の創建年代等については不詳であるが、寺伝によれば862年(貞観4年)天台宗の僧円仁がこの地を訪れ創建したと伝えられる。
その後衰退していたが、1522年(大永2年)曹洞宗の僧聚覚が南部氏の援助を受け円通寺を建立して恐山菩提寺を中興し、曹洞宗に改められた。
1871年(明治4年)には本坊の円通寺に斗南藩(旧会津藩)の藩庁が置かれた。

wikipedia

恐山菩提寺情報

●開山期間/毎年5月1日~10月末日
●開門時間/6:00~18:00
●入山料/個人:1人 500円  小・中学生:1人 200円  団体:1人 400円(1団体20名以上)

恐山の最大の魅力は

火山の火口の跡に造られた社寺だろうと思います.

火口湖である宇曽利山湖と人工物である寺と建物が妙にマッチしているのが面白いです.

ここは、煩悩を絶って悟りを得た無法の境地、死者の冥福の地を表しているのだろう.

硫黄分の濃いお風呂も魅力の一つだと思いました.

県道4号線から左手に宇曽利湖を見ながら、三途の川(人が通れるような朱色に塗られた太鼓橋が三途の川にかかっています.)を渡って恐山菩提寺の駐車場に入ります.

2輪駐車場は少し手前にあります.
入山料 500 円を払って入場します.

恐山マップ全体図
恐山マップ全体図

いよいよ、恐山菩提寺に入山します.

正面には、大師堂、大平和観音等があり、左手には何とか地獄など、火山岩の地形があります.

お風呂は中央の通路の両側に男女別にあります.
混浴は花染の湯で、右奥の方にあります.

恐山菩提寺マップ
恐山菩提寺マップ

好奇心

何故?と考えることは好奇心の現れです.
心を動かされることは、楽しいこと.

スポンサーリンク

磐梯吾妻スカイライン

磐梯吾妻スカイライン

福島県の火口の跡である浄土平と道路最高地点1,622mを通る磐梯山を眺め、火山に圧倒されるワインディングの多い快適な道路です.

秘境仏ヶ浦

仏ヶ浦の凝灰岩が作る景色

青森県下北半島の西側にある仏ヶ浦の凝灰岩の作る風景は、変化に富んだ自然の彫刻と、エメラルドグリーンの美しい海は、おすすめです.

毛無峠小串鉱山跡

毛無峠

過去に硫黄鉱山のあった毛無峠は、素晴らしい景色のある峠でした.途中の道路が狭く荒れているので注意が必要です.

R292_sibu

国道292号線 渋峠

国道最高地点 2,172m を通る絶景ロード. ワインディングを駆け上がると北アルプスから榛名山や赤城山など目に飛び込んでくる.

冠山峠

県境峠 福井県&岐阜県

福井県と岐阜県の県境峠は標高が 1000m 前後でとても険しいが、過去の歴史的な物語が隠されているようです.

福井県鉱山跡

鉱山跡 福井県大野市

福井県大野市の鉱山跡を散策すると、そこには過去の歴史が垣間見れました.コンクリートの塊やズリ山の跡に感じるものがありました.

天空林道

何で一人旅

何で一人旅かなと自分でも考えることがあって、誰にも邪魔をされない自由な旅だけど、ちょっと不安で寂しい気持ちにもなります.

軽量コンパクト

日本人の軽量コンパクトは、日本列島の厳しい自然から生まれた日本人のDNAだと思います. 俳句、ウオークマンなど、

旅の本質を考察する

一人旅の本質を考えてみよう。家族を食べさせるために一人で危険を背負って違う世界をみること。そして、種を存続するために、井の中の蛙にならず、大きな世界に挑戦し、感じること。

大土町

まるで昭和の村 大土町

薄暗い細い道路を川沿いに走ると急に視界が開けて、昭和初期の風景が目に飛び込んできます。初めて訪れる人はこの風景に感動します。

天空牧場(跡)・能楽の里牧場

元牧場のあったところにある鉄骨の建物と絶景の見晴らしに驚きました。道路は狭いですが一応舗装されていますので、天気の良い日に行くと絶景が見られると思います。

林道 高倉山線 石川県白山市

林道高倉山線は石川県白山市にある尾根沿いの未舗装林道(一部舗装)です。眺めは比較的良いですが、路面が荒れているところがありますので注意が必要です。

摩周湖

霧の摩周湖(カルデラ湖)

綺麗で神秘的で魅力的な摩周湖(カルデラ湖)は、バイカル湖に次いで世界で二番目に透明度の高い湖です。霧で包まれていることが多いですが一生に一度は湖面を見たいですね。

蔵王の御釜

蔵王の御釜

蔵王の御釜は、五色沼ともよばれる火口湖です。宮城県と山形県の県境あたりにあって、大きめの写真を掲載してありますが、その存在感は実際にみないとわかりません。

東尋坊の柱状節理

東尋坊の柱状節理

日本海の激しい波で侵食されて作られたとされる、東尋坊の柱状節理の最大の特徴は、直径3メートルもの節理だと思います。遊覧船から見る切り立った岩肌の是非見てください。