八幡平アスピーテライン 岩手県-秋田県

八幡平(はちまんたい)アスピーテラインは、標高は1500m程度、山頂付近の見晴らしと、快適なワインディングロードが特徴です。

内容の項目

絶景・八幡平アスピーテライン

八幡平(はちまんたい)アスピーテライン
岩手県と秋田県にまたがる八幡平の山中を走る35.3キロメートル (km) 区間(文献により40 kmとも)を指す道路の愛称である。
11月上旬から4月下旬まで冬季閉鎖される。
東北地方有数の絶景ドライブルートでも知られ、かつて有料だった区間は26 kmである。
岩手側、秋田側の双方とも、上り口が急カーブが連続する区間で標高を上げてゆき、高原地帯になると山肌に沿って大小のゆったりしたカーブが続き、アップダウンが連続する。
標高が上がるに従い植生も変化し、火口跡にできた大小の沼が点在しており、変化に富む手つかずの自然景観が見られる道でもある。
10月上旬から中旬ごろまで紅葉の名所としても知られており、春先の開通直後は雪の回廊も見どころとなっている。
なお「アスピーテ」とは楯状火山を意味し、道路の愛称はかつて八幡平が楯状火山と考えられていたことに由来するが、近年では八幡平は成層火山群に分類されている。

アスピーテの意味

アスピーテ「楯状火山」とは、ハワイ島に見られるような粘度の低い玄武岩質の溶岩で低く平らな火山を言います.
楯状とは楯を寝かせたように平らな火山を指している.

位置

岩手県と秋田県の県境あたりが頂上付近で八幡平と言われている。

〒028-7302 岩手県八幡平市松尾寄木

アスピーテライン地図

八幡平アスピーテラインのルート

東北地方、秋田県と岩手県のを結ぶ山岳道路です.

急な坂道ほど、道路はジグザグになっていて、県境付近は直線になっているので平坦な地形だと読むことができます.

地形が盾を伏せたような形状からアスピーテと名付けられたようです.

八幡平アスピーテラインマップ2
八幡平アスピーテラインマップ2

八幡平アスピーテラインの景色

八幡平から見る景色は、視界が広がっているので、眺めはとても良いのが、特徴です.

八幡平山頂レストラン周辺の駐車場は有料です.
山頂以外の路側帯の駐車場からの眺めも良いので、停車しながら散策するのも良いと思います.

大深沢展望台

山頂よりも秋田側の大深沢(おおふかさわ)展望台からは、八幡平から、ほぼ南方の景色が眺められます.

気象条件が良ければ、遠くは月山や鳥海山の山影が確認できます.

目立つのは、近くの畚岳や岩手山です.

※写真をクリックすると拡大で見ることができますよ!

大深沢展望台の看板
大深沢展望台の看板が見えづらかったので修正しました
遠くの山々が見えるアスピーテライン
山頂から秋田県側へ少し走る.遠くの山々の名前が知りたくなる. 正面手前左が畚岳(もっこだけ)鳥海山の左奥に薄らと月山が見えた.
google earth
google earth
八幡平地図
八幡平地図

八幡平温泉郷

後生掛温泉
キャンプ泊で外湯の割引券が発行されます。後生掛温泉の外湯入り口
硫黄分が多い温泉です。

玉川・後生掛・ふけの湯・大深・大沼・藤七

などの温泉を楽しむ旅も魅力的に思います.

  1. 玉川温泉 日本一の強酸性の湯で有名です
  2. 後生掛温泉(ごしょうがけおんせん)は昔から湯治で有名です.
  3. ふけの湯はオンドル、蒸かし湯で有名
  4. 大深温泉はオンドル湯治
  5. 大沼の天然温泉はさらりとした無色透明の単純温泉
  6. 藤七温泉(とうしちおんせん)は1,400mの源泉掛け流し露天風呂が魅力

八幡平アスピーテラインに行ったら、少なくとも秘湯の温泉に入ってみることをお勧めします.

藤七温泉
藤七温泉

キャンプ場

後生掛キャンプ場
後生掛(ごしょうがけ)キャンプ場受付
は安い割には整備されている。寒い時にはここを利用することも可能のようだ。

後生掛(ごしょうがけ)キャンプ場は、有料ですが整備されている割には格安です.

山の自然の中なので、熊や小動物が暮らしていること、特に我々人間の持ち込む食べ物に注意する必要があります.

クルマやバイクを使って数分のところに温泉があることも魅力の一つです.

キャンプ場の位置は、街から離れていますので、あらかじめ食料は確保してください.

旅の途中に、八幡平の夕日や朝日を見たい方には、オススメのテント泊できるキャンプ場になります.
小さな駐車場に、複数台キャンピングカーが泊まっていました。

近くのスポット

玉川温泉源泉「大噴」

「日本絶景1000」に記されている景観、毎分9,000Lの温泉が噴き出す様は圧巻です。 遊歩道も整備されておりこの大噴(おおぶけ)までは高低差も少ない。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

白い道
旅の好奇心

白い道 宗谷丘陵

稚内の宗谷丘陵にある3kmの白い道。緑の草むらの中、紺碧の海に向かってまっすぐに伸びる道の正体はホタテの貝殻だ。

知床峠道
旅の好奇心

国道334号 知床横断道路

知床横断道路は、全長27kmの曲がりくねった峠道、最頂部にあたる知床峠は標高738m、眺めも最高です。

ミルクロード阿蘇
旅の好奇心

ミルクロード阿蘇

阿蘇カルデラの北側外輪山を通る牧草地帯の絶景ロード。バイクでゆっくりと風を切って走ると最高の気分になれます。

グリーンロード阿蘇にあるケニーロバーツの看板
旅の好奇心

ケニーロード 熊本県

ケニーロードは、南阿蘇から地蔵峠を越えて熊本市方面の道路です。適度なワインディングロードと南阿蘇と阿蘇山の風景が楽しめます。

県道111号
旅の好奇心

阿蘇パノラマライン 県道298号

阿蘇パノラマラインはカルデラ西側から阿蘇草千里を通って阿蘇山上広場に至る。草千里からの眺めは素晴らしい。

阿蘇山
旅の好奇心

阿蘇吉田線 県道111号

阿蘇山の北側を通る絶景ロード。阿蘇山側から阿蘇の街や大観峰方面の外輪山、九重連山を望むことができる。

Translate »