めんどくせぇサイト

めんどくせぇサイトBLOG

国道416号線 大日峠(新俣峠)

ほとんどが1車線か1.5車線の国道(酷道)で、大きな雨の後は通行止めになる可能性がある。

table of contents

大日峠の連続ヘアピンコーナー

国道416号線は、クルマで通行するには、とても狭いので、ストレスの多い道路です。

2018年に新規開通した福井県勝山市以北、福井・石川県境の大日峠越え6.3 km区間はセンターラインがない1.5車線の道路で、つづら折りで標高を稼ぐ線形であるが、見通しよくするため道路内側は空き地が確保されていて交通量も少なく走りやすい。安全施設として、大日峠から福井県側では谷側にガードレール、石川県側ではコンクリート製の駒止が設置されている。 また随所にすれ違いのための待避所が設けられ、大日峠付近にも駐車場が設けられている。 石川県側の牛ヶ首峠から小松市街までは在来からあるいわゆる「酷道」区間で、ガードレールの設置もなく、すれ違いが困難な1車線が続いている。

wikipedia

難所1 五百峠

五百峠は、ほとんどが山の斜面の林の中を通っています.

木の隙間から見える景色を見ると、断崖絶壁のように感じます.

林があるせいか、薄暗く、晴れても濡れた路面があって、バイクで走行する時は、十分な減速をしなければいけません.

カーブの先が見えないところも多数あるので、対向車にも要注意ですね.

今回の五百峠の紹介はここまでです.

小松市南部の西尾地区の最南部、郷谷川(一級河川梯川支流)の最上流部である尾小屋町と、新丸地区北端部であり、一級河川手取川の支流の1つである大日川沿いの丸山町との境に位置する。

峠に通じる国道416号の峠前後の車道は1車線の幅員である。
峠北側はところどころに自動車が行き違いできる程度の拡幅が施されているものの、急坂急勾配の坂道が続き、また自動車の行き違いが困難な断崖絶壁の狭隘部も存在している。

wikipedia

難所2 大日峠(新俣峠)

今回紹介したいのは、2018年9月9日に開通した、大日峠(新俣峠)を越える、比較的新しい道路です.

峠付近の高低差が大きいので、ダイナミックにうねりながら道路が作られています.

特に、福井県側の道路は、1.5車線の超タイトコーナーの連続なので、周りの景色を楽しむ余裕はないですね。ko

区間:福井県勝山市野向町横倉地内~石川県小松市新保町地内
事業期間:平成18年度~平成30年度(福井県は平成19年度~平成30年度)
事業内容:延長L=6.3km、幅員W=4.0(5.0)m
 石川県)延長L=2.5km(福井県)延長L=3.8km
福井県のページから

大日峠(新俣峠)付近は標高910mくらいです.

晴れた日は、とても気持ちが良いですよ!

大日峠(新俣峠)の写真説明

上の写真は、秋に大日峠を登る国道416号線のワインディングロードです.

道路が狭いので、風景を楽しむときは、道路脇のスペースや道路工事用の道路を駐車場がわりにするとよいと思います.

大日峠(新俣峠)ワインディングロード

ここを走るならば、天気の良い日に勝山方面に向けて下る方向に走行するのが気持ち良いです.(個人的な感想です)

遠くの山や街に飛んでいくような感覚が面白いですね.

でも、よそ見をしていると崖から落ちてしまうので、そんな余裕はないかもしれません.

この峠にトンネル(隧道)を掘るよりも、この景色を見れる現在の道路の姿が正解だと個人的に思います.

でも、大雨で崩れて道路が崩れて、通行止めになる可能性は限りなく高い国道でもあります.

当然ですが、冬の期間は通行止めです.

国道416号線の思いが新保町の神社に

国道416号線の地元住民の思いが石川県小松市新保町の神社に

石川県小松市新保町の新保神社に碑文がありました.

要約すると、県道「小松・勝山・福井線」が昭和57年に国道416号線になったこと.

かつては、金明線としてあった道路だったようです.

向後大日隧道の完通全線整備が悲願だったように書かれていました.

国道416号線大日峠の道路を作った人たちの思い

新俣峠が昔の名称かも知れませんが、現在は大日峠と呼ばれています。

好奇心

何故?と考えることは好奇心の現れです.
心を動かされることは、楽しいこと.

スポンサーリンク

毛無峠小串鉱山跡

毛無峠

過去に硫黄鉱山のあった毛無峠は、素晴らしい景色のある峠でした.途中の道路が狭く荒れているので注意が必要です.

R292_sibu

国道292号線 渋峠

国道最高地点 2,172m を通る絶景ロード. ワインディングを駆け上がると北アルプスから榛名山や赤城山など目に飛び込んでくる.

冠山峠

県境峠 福井県&岐阜県

福井県と岐阜県の県境峠は標高が 1000m 前後でとても険しいが、過去の歴史的な物語が隠されているようです.

福井県鉱山跡

鉱山跡 福井県大野市

福井県大野市の鉱山跡を散策すると、そこには過去の歴史が垣間見れました.コンクリートの塊やズリ山の跡に感じるものがありました.

天空林道

何で一人旅

何で一人旅かなと自分でも考えることがあって、誰にも邪魔をされない自由な旅だけど、ちょっと不安で寂しい気持ちにもなります.

軽量コンパクト

日本人の軽量コンパクトは、日本列島の厳しい自然から生まれた日本人のDNAだと思います. 俳句、ウオークマンなど、

旅の本質を考察する

一人旅の本質を考えてみよう。家族を食べさせるために一人で危険を背負って違う世界をみること。そして、種を存続するために、井の中の蛙にならず、大きな世界に挑戦し、感じること。

大土町

まるで昭和の村 大土町

薄暗い細い道路を川沿いに走ると急に視界が開けて、昭和初期の風景が目に飛び込んできます。初めて訪れる人はこの風景に感動します。

天空牧場(跡)・能楽の里牧場

元牧場のあったところにある鉄骨の建物と絶景の見晴らしに驚きました。道路は狭いですが一応舗装されていますので、天気の良い日に行くと絶景が見られると思います。

林道 高倉山線 石川県白山市

林道高倉山線は石川県白山市にある尾根沿いの未舗装林道(一部舗装)です。眺めは比較的良いですが、路面が荒れているところがありますので注意が必要です。

摩周湖

霧の摩周湖(カルデラ湖)

綺麗で神秘的で魅力的な摩周湖(カルデラ湖)は、バイカル湖に次いで世界で二番目に透明度の高い湖です。霧で包まれていることが多いですが一生に一度は湖面を見たいですね。

蔵王の御釜

蔵王の御釜

蔵王の御釜は、五色沼ともよばれる火口湖です。宮城県と山形県の県境あたりにあって、大きめの写真を掲載してありますが、その存在感は実際にみないとわかりません。

東尋坊の柱状節理

東尋坊の柱状節理

日本海の激しい波で侵食されて作られたとされる、東尋坊の柱状節理の最大の特徴は、直径3メートルもの節理だと思います。遊覧船から見る切り立った岩肌の是非見てください。