めんどくせぇサイト

めんどくせぇサイトBLOG

滋賀県と岐阜県の県境にある峠

table of contents

滋賀県と岐阜県の境にある峠

人々の交流をささえた山々を越える道、それが峠.

滋賀県と岐阜県の県境には、比較的標高のある山々が横たわっています.

  • 八草峠 ( 旧国道 303 号線 )
  • 鳥越峠( 林道 鳥越線 )
  • 品又峠 ( 岐阜県道 40 号線 )
  • 国見峠 ( ) 842 m
  • 五僧峠 ( 林道 時山多賀線 県道 139 ) 500 m

この5つの峠が滋賀県と岐阜県境にある、代表的な峠となると思います.

戦国時代は、滋賀県側が浅井氏、岐阜側が斉藤、織田氏あたりが関係しているのだろうか.
徳山ダムで沈んだところまで行くと、浅倉氏も関係するのかもしれません.

滋賀県と岐阜県さかうちの看板

人々の交流をささえた山々を越える道、それが峠.

滋賀県と岐阜県の県境

  • 八草峠 ( 旧国道 303 号線 )
  • 鳥越峠( 林道 鳥越線 )
  • 新穂峠 900 m
  • 品又峠 ( 岐阜県道 40 号線 ) 1005 m

八草峠 ( はっそうとうげ 旧国道 303 号線 ) 標高 750 m

『滋賀県百科事典』によりますと、読み方は「はっそうとうげ」
概要は「伊香郡木之本町の北東端、岐阜県揖斐郡坂内村との境界にある国道303号の峠。
標高780m。伊吹山地北部の土蔵(つちくら)岳(1008m)と金糞(かなくそ)岳(1317m)の鞍部に位置する。
1947年(昭和22)奥地林開発のための八草林道工事着手、50年(昭和25)河内村とむすぶ。
奥美濃地方と滋賀県北部を直結する唯一の道路として国道303号に指定。
峠の両側は道幅がせまく、つづら折れの急坂つづきの難路で、有数の豪雪地帯であり冬期の通行は困難である。
この峠の北約1.5km地点に久加越(木之本町金居原と坂内村久加をむすぶ)の峠道が古くからひらかれ、両地域の交流は明治期まで商取引や姻戚関係などがかなりさかんであった。
現八草峠を新八草峠、久加越の峠を旧八草峠とよぶ。
旧道は廃道となり通行不可能。(後略)(北川貢造)」とあります。
なお、伊香郡木之本町は現在長浜市木之本町に、岐阜県揖斐郡坂内村も揖斐川町になっています。

滋賀県百科事典

八草トンネルの開通で使われなくなった旧国道303号線の八草峠

現在の八草峠はトンネルの通っているところを指しています.
旧国道 303 号線は、旧八草峠に変更されているようですが、この記事では昔の名称で記しました.

鳥越峠( 林道 鳥越線 ) 標高 約 1040 - 1050 m

『滋賀県百科事典』によりますと、読み方は「とりごえとうげ」で、概要は「東浅井郡の北端、岐阜県境金糞岳(1317m)南方にのびる尾根の鞍部に位置する峠で標高1050m。
浅井町高山と岐阜県坂田村大字広瀬をむすぶ峠で、明治初期までは八草峠、新穂峠、国見峠、上平寺峠とともに北近江と北美濃をむすぶ生活道路として利用されたが、現在は金糞岳登山道として一部が利用されているにすぎない。
この峠への道沿いに夫婦滝(雄滝23m、雌滝9m)の景勝地やシャクナゲ、リンドウなどの植物群落もみられる。
また鳥越峠越えといって、東又草野川の谷をのぼり岐阜県浅又谷にでる。
高山の庄屋新九郎が1887年(明治20)ころひらいた道があり、紡績女工や薪炭業者がひらいた道もあったという。
(国領建男)」とあります。
なお、浅井町高山は現在長浜市高山町に、岐阜県坂田村大字広瀬も揖斐川町坂内広瀬になっています。

滋賀県百科事典

林道鳥越線で岐阜県坂内村と滋賀県浅井町を結ぶ鳥越峠

金糞岳の登山口があるためか、道路も峠も比較的よく整備されていて、頂上付近からの眺めは悪くない.

滋賀県と岐阜県の県境の峠でした.

現在も林道として県境を結ぶ峠

国道として昇格したにもかかわらず、トンネルが完成して錆びれた峠

好奇心

何故?と考えることは好奇心の現れです.
心を動かされることは、楽しいこと.

スポンサーリンク

毛無峠小串鉱山跡

毛無峠

過去に硫黄鉱山のあった毛無峠は、素晴らしい景色のある峠でした.途中の道路が狭く荒れているので注意が必要です.

R292_sibu

国道292号線 渋峠

国道最高地点 2,172m を通る絶景ロード. ワインディングを駆け上がると北アルプスから榛名山や赤城山など目に飛び込んでくる.

冠山峠

県境峠 福井県&岐阜県

福井県と岐阜県の県境峠は標高が 1000m 前後でとても険しいが、過去の歴史的な物語が隠されているようです.

福井県鉱山跡

鉱山跡 福井県大野市

福井県大野市の鉱山跡を散策すると、そこには過去の歴史が垣間見れました.コンクリートの塊やズリ山の跡に感じるものがありました.

天空林道

何で一人旅

何で一人旅かなと自分でも考えることがあって、誰にも邪魔をされない自由な旅だけど、ちょっと不安で寂しい気持ちにもなります.

軽量コンパクト

日本人の軽量コンパクトは、日本列島の厳しい自然から生まれた日本人のDNAだと思います. 俳句、ウオークマンなど、

旅の本質を考察する

一人旅の本質を考えてみよう。家族を食べさせるために一人で危険を背負って違う世界をみること。そして、種を存続するために、井の中の蛙にならず、大きな世界に挑戦し、感じること。

大土町

まるで昭和の村 大土町

薄暗い細い道路を川沿いに走ると急に視界が開けて、昭和初期の風景が目に飛び込んできます。初めて訪れる人はこの風景に感動します。

天空牧場(跡)・能楽の里牧場

元牧場のあったところにある鉄骨の建物と絶景の見晴らしに驚きました。道路は狭いですが一応舗装されていますので、天気の良い日に行くと絶景が見られると思います。

林道 高倉山線 石川県白山市

林道高倉山線は石川県白山市にある尾根沿いの未舗装林道(一部舗装)です。眺めは比較的良いですが、路面が荒れているところがありますので注意が必要です。

摩周湖

霧の摩周湖(カルデラ湖)

綺麗で神秘的で魅力的な摩周湖(カルデラ湖)は、バイカル湖に次いで世界で二番目に透明度の高い湖です。霧で包まれていることが多いですが一生に一度は湖面を見たいですね。

蔵王の御釜

蔵王の御釜

蔵王の御釜は、五色沼ともよばれる火口湖です。宮城県と山形県の県境あたりにあって、大きめの写真を掲載してありますが、その存在感は実際にみないとわかりません。

東尋坊の柱状節理

東尋坊の柱状節理

日本海の激しい波で侵食されて作られたとされる、東尋坊の柱状節理の最大の特徴は、直径3メートルもの節理だと思います。遊覧船から見る切り立った岩肌の是非見てください。