オゼン ライト

ひとりバイク旅でおすすめの270gの軽量コンパクトなテーブルはオゼンライトがオススメです。慣れるまで組み立てが大変ですよ。

内容の項目

オゼンライトとローソファーの組み合わせ

オゼンライト テーブルは、地面に座ったり、ローソファーに最適なテーブルの高さです。
登山途中の食事の時に使ったりする機材になるだろう。
テーブルがなくてもなんとかなるのだが、自然の地形だと、やはり調理はやりづらい。
テーブルという平面があるだけで、清潔感と効率が上がるので、ぜひ使用したい。

オゼンライトの使い方

オゼンライトのパーツ

パーツはアルミの天板と鉄製メッキのワイヤースタンドだけの簡素な構成です。
天板の大きさは、組み立てるとちょうどA4のサイズになります。
パンチングしたアルミの板のおかげで 270g と軽量なところも嬉しいです。

オゼンライトの組み立て

組み立ては、少々めんどくさいが、慣れれば簡単です。

旅に出かけて、何回か組み立てると簡単に組み立てることができるようになるのですが、次の旅までのあいだにコツを忘れてしまうのが難点です。

オゼンライト 分解状態
オゼンライト 分解状態
2枚の天板と2本のワイヤースタンド
オゼンライト 組み立て途中
オゼンライト 組み立て途中
天板を裏にして2枚並べ、ワイヤースタンドの凹部を天板端部中央の切欠きに差し込みます。

ワイヤースタンドは、バネのような材質で写真のように切り込みに合わせてから、手前の突起に嵌める。

オゼンライト 組み立て完了
オゼンライト 組み立て完了
次に、天板裏面3箇所の爪にワイヤースタンドを引っ掛けます。

ガタが無い

左右両方にワイヤースタンドを取り付けると、結構しっかりと固定されます。
このテーブルは、とても剛性があるので、調理の時にガタガタせず、安心してテーブルを使用できるのがメリットです。

組み立て説明

オゼンライト テーブルとガソリンストーブ
オゼンライト テーブルとガソリンストーブ、山クッカー角型3

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

ナイフ
キャンプ

ナイフ キャンプ用

キャンプで3種類のどのナイフがあると良いか、検討してみた。用途を考えてナイフを選ぶのが良いと思います。

SOTO マイクロトーチ ACTIVE
キャンプ

SOTO マイクロトーチ ACTIVE

使い捨てライターよりも経済的なガスを補充できるSOTO マイクロトーチ ACTIVEを使ってみることをオススメします。

SOTO MUKAストーブ(ムカストーブ)
キャンプ

ガソリンストーブ

バイクと同じ燃料を使用するガソリン・ストーブは、長期間の旅で燃料の事を考える必要がないのが最大のメリットです。

クッカーの厚み
キャンプ

UNIFLAME 山クッカー 角型 3

UNIFLAME 山クッカー 角型 3点セットは、軽量コンパクトな1人用多用途クッカー、沸かす、煮る、炒めるまでをこなすことができる

Translate »