Naturehike Monger2 専用の延長ホール

雨の日に快適な一人旅テントの模索で、他メーカーの延長ホールを取り付けてたら、ローソファーでくつろげる広さを確保できた。

内容の項目

雨の日の土間、調理スペースの確保

雨天時をテントで過ごす理由

バイク旅の最大の難関は、やはり、雨天である。
基本的に、雨天はバイクには乗らずにテント過ごすのが良いという、私が、これまで経験で得た持論である。
しかし、狭いテントで雨天を過ごすと、やはり、閉じ込められているので、ストレスに感じます。
できるだけ、快適に過ごすにはどうすれば良いか?

テントの重さや大きさを、あまり増やさずに、ちょっと広いスペースを確保できれば、良いかなと考えてみた。
また、テントからの出入りで雨に濡れないことも大切なこと。

あと、土間で椅子に座ってくつろげると、良いなと考えた。

という訳で。

Naturehike Monger2 専用の延長ホールをトライ

Naturehike Monger2 専用の延長ホールは、Naturehike Monger2 というテントのための専用の延長ホールです。

Naturehike Monger2 形式のテントと同様の構造を持つMOBI GARDEN AS WINGS2 JPN を買ってみました。

Naturehike Monger2 専用の延長ホールを取り付けるためである。

これは、室内が広く、雨の日をできるだけ快適に過ごすための模索である。

取り付けできない可能性はある。

まあ、何でも、トライ&エラー、試行錯誤なので、やってみよう!

専用の延長ホールを別のテントでトライ

Naturehike Monger2 専用の延長ホールを MOBI GARDEN AS WINGS2 JPN でも使用できないか検討してみた。

サイズ的には、Naturehike Monger2 とMOBI GARDEN AS WINGS2 JPNは、高さ5cm以外はほとんど変わらないようです。

ポールの形状もほとんど変わらないので、使えると思います。(確信犯です)
ただ、天井の横たわるポールの長さが、Naturehike Monger2 の方が長いみたいです。

実際、バッチリ取り付けることができました。

取り付け自体は、ロープとコネクタをポールに付けるだけ。

MOBI GARDEN AS WINGS 2 の記事

延長ホールを取り付けてみたテント(MOBI GARDEN AS WINGS 2 )の記事に興味なある方は下のリンクから見てください。

MOBI GARDEN AS WINGS 2 JPN

MOBI GARDEN AS WINGS 2 JPN

軽量テントMOBI GARDEN AS WINGS 2 JPNは2kg以下、収納サイズ43cmの日本のひとり旅テントの理想形に近い。

雨の日のNaturehike Monger2 延長ホールの感想

MOBI GARDEN AS WINGS2 JPN とNaturehike Monger2 専用の延長ホールの組み合わせは、重さの合計は約2.5kgくらいでバイク旅では、我慢の範囲内と考えます。

延長ホールの設営は、ちょっとめんどくさく感じましたが、慣れれば問題ないと思います。

毎日移動する晴れの時は、テントMOBI GARDEN AS WINGS2 JPN のみを設営する予定です。

雨をやり過ごす時だけ、テントとNaturehike Monger2 専用の延長ホールを接続して雨を乗り切る作戦です。

延長ホールの天井の高さが100cmなので、使う人の座高とソファーの座面の高さに留意する必要がありますが、
雨の日にローソファー(座面が低い必要がある)に座ってくつろげるのは、やはり、理想的ですね。

立木キャンプ場

エムエスアール(MSR) ギアシェッド

たぶん、本家本元の製品は、MSRのギアシェッドと思われます。
キャンプ初心者でも扱いやすいように、厚手の生地を使って高い耐久性を実現しております。
長く使いたいのであれば、MSRエリクサー2とMSRギアシェッドの組み合わせが良いと考えます。

MSRギアシェッド

MSR ギアシェッド

テントの前室を拡張し、収納スペースを追加するオプションです。。収納サイズ 48×11cm / 総重量 940g

雨でも快適な一人野営ができるテントの選考

左右に出入り口のある2人用テント

実は、今回のテントを選択するために、いくつか候補がありました。

基準は、左右に出入り口がある2人用テントを中心に選択しました。
2人用を1人で使うのは、雨をしのぐには、少し広めの方が快適だからです。

  1. MOBI GARDEN AS WINGS 2 JPN が最適と考えました。(今回はこの製品を購入しました)
    軽量でコンパクト収納でコストも安いし、インナーテントはメッシュではない。
  2. Naturehike Mongar2は理想的なテントですが、インナーテントがメッシュなのが個人的に惜しいですが、メッシュが希望の人には良いと思います。
  3. Naturehike Mongar2人用テント専用の延長ホールは、テントに追加できるスペース。雨の日には良さそうなスペースを確保できそう。(試しに買ってみました)

後付けで前室を作るシェルター

現在使っている小型のテントに後付けできるシェルター。
移動の時は小型のテントのみを使って眠り、雨の時だけシェルターを後付けできれば、テントの設営と撤収の時間が減る。
旅には理想的かもしれない。

前室でくつろぐ椅子

低い前室でくつろぐには、座面の低いローソファーが良い。
ペグは、チタン製が良い。

軽量コンパクトで雨天も快適

雨の日を快適に過ごすために、土間部分を追加できる延長ホールを取り付けてみました。
広い空間が作れるので、快適性は向上しました。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

オガワ製 ステイシー ファルダ
キャンプ

オガワ製 ステイシー ファルダ

「ファルダ」とはスカートのこと、寒い時の野営に最適化されたテントです。旅には少し大きくて重いかもしれませんが、快適な環境は重要です。

MSRギアシェッド
キャンプ

MSR ギアシェッド

テントの前室を拡張し、収納スペースを追加するオプションです。。収納サイズ 48×11cm / 総重量 940g

バイク旅テント
旅のノウハウ

バイク旅テント

バイク旅に最適なテントはスタイルによって違うと思いますが、軽くコンパクトで組み立てが素早くできるのが最適です。

デュアル ライト ミニ LEDランタン
キャンプ

CC デュアル・ライト・ミニ

CC デュアル・ライト・ミニ(CARGO CONTAINER製)はコンパクトでセンスの良いバッテリー内蔵LEDミニランタンです。

私の旅の寝袋・シュラフは、ダウンハガー800 #3 一式
キャンプ

旅の寝袋

バイク旅に最適な寝袋とは?軽くコンパクトで保温性が高いことですが、それらのバランスを考えて選択しよう。

佐多岬野営場
旅のノウハウ

雨天はテントで

旅の雨天はテントで過ごす。カッパを着ていても、雨に濡れるのは不快であり、旅の離脱の原因になります。

Translate »