アゼチの岬

アゼチの岬は琵琶瀬湾(びわせわん)に突き出た岬で、小島・ゴメ島・検暮帰島を望め、浜中湾の海岸線を見渡すことができます。

内容の項目

アゼチの岬の概要

wikipedia によると

アゼチの岬は琵琶瀬湾(びわせわん)に突き出た岬で、小島・ゴメ島・検暮帰島を望め、浜中湾の海岸線を見渡すことができ、真夏の落日は素晴らしいものです。
海鳥の聖地となる小さな島や岩があり、多くの海鳥が生息し、浜中町の鳥「エトビリカ」が営巣します。

名称の由来

ちなみに、アゼチの名称の由来は、この周辺に畦地(あぜち)という人が住んでいたということらしい。

位置

〒088-1522 北海道厚岸郡浜中町湯沸

湯沸島にある岬で、霧多布岬は近い。

厚岸地図

岬の風景写真

アゼチの岬には、駐車場、歩道そして小さな展望台だけだが、景色はめっぽう素晴らしい。

嶮暮帰島(ケンボッキ島)

ケンボッキ島は、隆起海食性台地の島で厚岸道立自然公園に含まれます。

東西2km、南北0.7km、周囲4.5km、面積71ha、最高地点標高59m。琵琶瀬漁港の沖合約600m(琵琶瀬湾)にあり、かつては干潮時には本土との間が陸繋砂州となり、徒歩で渡れたが、現在は渡れないようだ。

現在は島全域が町有地で、定住者がいない無人島になっています。

動植物

アゼチの岬の印象

岬の展望スペースは、平坦で比較的高いところにあるので、見晴らしが素晴らしい。
また、海に見える島々も波食棚が隆起してできた島のようで、島の上面は平らであるため、不思議な感覚になる。
千島列島から根室半島周囲の平坦な地形は、波の力で削られてから、地殻変動(太平洋プレートがユーラシアプレートの下に沈み込む力で、ユーラシアプレートの端が持ち上がった?)によって隆起したのかな。

近くの観光地

涙岬展望台

駐車場からは10分程度歩くのですが、その道中も絶景の連続

キャンプ場

きりたっぷ岬キャンプ場

アゼチの岬からはバイクだとすぐのところにある、きりたっぷ岬キャンプ場が旅の宿泊に良いと思います。

受付(霧多布温泉ゆうゆ)は必要ですが、テント泊は無料で、景色の良いキャンプ場です。

ロッジは有料です。

車両の乗り入れは禁止ですが、2輪専用の駐車スペース(サイドスタンドがめり込まない路面)が用意されていました。

数百円で泊まれる激安キャンプ場
シャワー・コインランドリーがある。

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

鹿児島県長崎鼻
旅の記録

長崎鼻

鹿児島薩摩半島の突端にある長崎鼻には、薩摩長崎鼻灯台があります。溶岩が冷え固まった海岸線と開聞岳の全景が綺麗に見える。

鶴御崎
旅の記録

鶴御崎

九龍最東端の鶴御崎は、人の少ないのどかなで眺めの良い岬でした。旧海軍望楼跡を利用して鶴御埼灯台が設置されている。

宗谷岬
旅の記録

宗谷岬

宗谷(そうやみさき)(は日本最北端の地。三角形が特徴的な記念碑と高台には戦時の面影が残る、少し物悲しい感じがする岬です。

地球岬灯台
旅の記録

チキウ岬

チキウ岬は、室蘭の南端に位置する断崖絶壁の岬です。アイヌ語の「チケプ」(断崖)に由来し、それが転訛して地球岬と呼ばれる。

大バエ灯台
旅の記録

大バエ灯台

大バエ灯台・大碆鼻灯台(おおばえはなとうだい)は、長崎県平戸市の生月島北端にある白亜の灯台。約80 mの大バエ断崖の上に建つ。

シレパ岬
旅の記録

尻羽岬

尻羽岬(しれぱみさき)は、北海道釧路総合振興局釧路町にある岬で、アイヌ語のシレパは「地の頭の出ている岬」を意味する。

Translate »