NEMO フィッロエリート

NEMOフィッロエリートは、重量80g 収納サイズΦ8×10cm 軽くコンパクトで快適な寝心地の携帯枕である。

内容の項目

NEMO フィッロエリートの商品情報

ニーモ フィッロエリート ( NEMO FILLO ELITE ) の商品情報

NEMO フィッロエリートピローは、
携行していることを忘れてしまうくらいの軽さとコンパクトな収納サイズを実現した究極のピローです。
キャンプや旅行用のピローとして使用可能です。
取り外して洗濯が可能なクールタッチ素材のカバーと100%リサイクル素材から作られたPrimaLoft®製レイヤー、頭にフィットする立体形状のエアチャンバーを組み合わせることでそのコンパクトな収納サイズとわずか80gの重量からは想像できない快適性を提供します。
カバーの内側に内蔵されたスタッフサックにコンパクトに収納して持ち運びが可能です。

重さとサイズ

カタログデーター

重量80g サイズ39×27×8cm 収納サイズΦ8×10cm 

小さくて軽いですね!

使用した感想

第一印象は、ひとこと快適だ!

  1. 空気で膨らませたとは思えないような、柔らかな反発力
  2. 枕の中の空気の量を調整すると、頭の位置が安定する。
  3. 頭を動かしても、カサカサ変な音はしない。

空気枕にしては高価な枕だが、5年以上使用しているので耐久性は良いと思います。
また、エア枕にあるボヨンボヨンした感じが少なく、頭の落ち着きが良いのも特徴です。

NEMO フィッロエリート ギャラリー

エアピロー(空気枕)使い方

空気を入れて初めて枕の機能を持つ。

  1. エアバルブを引いた状態にする
  2. 空気を吹き込む(3回吹き込むと満タンになる)
  3. エアバルブを押し込み、右回してロックする

空気を入れる量は、加減すると柔らかい枕になる。

カバーは洗濯可能です

NEMO フィッロエリートのカバーを洗濯するには、外側のカバーと内部のエアチャンバーを分離する必要があります。

  1. まず、バルブの部分はカバーの奥に押し込みます。
  2. バルブの反対側に、小さな口があるのですが、ポケット(スタッフザック)を取り出します。
  3. その奥のエアチャンバー(透明)を注意しながら取り出しましょう。

枕カバーの洗濯の頻度は、枕から異臭等が発生しづらい素材のようで、旅から家に帰ってきてから、ゆっくりとするくらいで充分だと思います。(ちなみに、乾燥が早い素材です)

 NEMO フィッロエリートの秘密は、このエアチャンバーにあるのだと思います。

頭がすっぽりと包まれるように、中央に窪みがあって頭部が安定する形状になっています。

エアチャンバーをカバーに入れる

洗濯した後に、チェンバーをカバーに入れる。

写真の通り、難しくはない。

枕本体を枕カバーのポケットに収納

よく見ないと理解できませんが、枕の収納袋は、枕カバーにポケットのように縫い付けられています。
秀逸な収納方法です。
モノの点数が増えないことは、旅の持ち物を考える上では基本ですね。

収納は、下の取扱説明書の収納方法に書かれています。
普段はスタックザックにピローを収納しないのですが、収納してみると、本当に小さくなります。

取扱説明書

私の旅の寝袋・シュラフは、ダウンハガー800 #3 一式

旅の寝袋

バイク旅に最適な寝袋とは?軽くコンパクトで保温性が高いことですが、それらのバランスを考えて選択しよう。

NEMO について

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です

関連記事

オガワ製 ステイシー ファルダ
キャンプ

オガワ製 ステイシー ファルダ

「ファルダ」とはスカートのこと、寒い時の野営に最適化されたテントです。旅には少し大きくて重いかもしれませんが、快適な環境は重要です。

MSRギアシェッド
キャンプ

MSR ギアシェッド

テントの前室を拡張し、収納スペースを追加するオプションです。。収納サイズ 48×11cm / 総重量 940g

バイク旅テント
旅のノウハウ

バイク旅テント

バイク旅に最適なテントはスタイルによって違うと思いますが、軽くコンパクトで組み立てが素早くできるのが最適です。

デュアル ライト ミニ LEDランタン
キャンプ

CC デュアル・ライト・ミニ

CC デュアル・ライト・ミニ(CARGO CONTAINER製)はコンパクトでセンスの良いバッテリー内蔵LEDミニランタンです。

私の旅の寝袋・シュラフは、ダウンハガー800 #3 一式
キャンプ

旅の寝袋

バイク旅に最適な寝袋とは?軽くコンパクトで保温性が高いことですが、それらのバランスを考えて選択しよう。

佐多岬野営場
旅のノウハウ

雨天はテントで

旅の雨天はテントで過ごす。カッパを着ていても、雨に濡れるのは不快であり、旅の離脱の原因になります。

Translate »