めんどくせぇサイト

めんどくせぇサイトBLOG

mashuko

摩周湖

スケールは小さいですが、湖面方向に見える人工物は展望台のみで、静かでとても落ち着ける湖です

table of contents

摩周湖(ましゅうこ)は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。
日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。 摩周湖一帯の火山活動は約3万年前から始まった。山頂を失う以前の姿は富士山のような成層火山で、標高は2,000メートル程度と考えられている。
当時の安山岩質溶岩流が外輪山を形成している。
摩周湖に相当するカルデラは約7000年前の大噴火で形成された。
巨大カルデラ噴火としては九州南沖の鬼界カルデラとほぼ同じ時期で、日本国内では最も新しい。
その後約4000年前からカルデラ東部で噴火が始まりカムイヌプリ火山が成長した。
同じ頃カルデラ中央(湖底)でも溶岩ドームが形成されカムイシュ島ができ、現在の地形となった。

wikipedia

霧の摩周湖

霧の摩周湖は、本当に霧が多い湖です。
その原因のひとつは、摩周湖の南側にある釧路湿原の湿度らしいです。(NHKブラタモリで解説がありました)
6月から8月にかけて霧が多いそうです。

写真は、摩周湖に霧が流れてきて摩周湖の外輪山の一番高いところ、カムイヌプリが隠れていくところです。
反対に、雲海が見れる可能性もあります。

摩周湖

摩周湖の場所

北海道の道東に位置し、知床半島の付け根より少し内陸部です。

南側に釧路湿原、北側が網走

東側に足寄といった位置関係になります。

阿寒国立公園に属し、東側から摩周湖、硫黄山(アトサヌプリ)、屈斜路湖が並んで位置しています。
3カ所を一度に観光できると効率が良いと思います.

北海道はたくさんのカルデラ湖があって、火山や温泉がたくさんあることから地殻変動の影響があった大地だろうと予想できますね。

摩周湖の展望台は3箇所

幻の摩周湖第二展望台があったみたいですが、現在、普通に入れる展望台は3箇所です。

第一と第三展望台は近いので、両方行ってみるのが良いと思います。
裏摩周展望台は、大きく時間に余裕があるならば、行ってみるのも面白いと思います。

有料だが広い摩周湖 第一展望台駐車場

摩周湖 第一展望台駐車場とアトサヌプリ(硫黄山)駐車場は有料で共通で使用できます。(アトサヌプリ・硫黄山は煙が噴出しているすぐ近くまで行けるので興味ある人は、行ってみたほうが良いと思います)
摩周湖 第一展望台は、レストハウスが併設された観光用の展望台のようです。
駐車場から展望台からの距離も近いので気軽に摩周湖の湖面が見られます。
一枚の写真に摩周湖全体を写したいのならば、摩周湖 第一展望台が良いと思います。

道路脇狭い駐車スペースの摩周湖 第三展望台

第三展望台は、道路脇の狭い無料の駐車スペースがあります。
カムイヌプリ(外輪山の最高峰)が正面に見える絶好の位置だと思います。
個人の好みがあるのでなんとも言えないのですが、第三展望台は摩周湖の湖面が広く見渡せるところが個人的には良いですね。
写真にする時は、広角レンズかパノラマ写真がおすすめです。

裏摩周展望台

位置的には、カムイヌプリ(摩周湖の外輪山にある噴火口)が一番大きく見える展望台になっています。
若い頃にバイクで訪れたのは、現在の裏摩周展望台でした。
しかし、山の下は霧なんかなかったのですが道路を上がっていくと前方が10mくらいしか視界がないほどの霧でした。
当然、摩周湖は霧の中でした。

裏摩周展望台まできたら、神の子池も同時に見ると良いかもしれませんね。

そして、幻の第二展望台は、現在は藪の中らしいです。

摩周湖の景色

摩周湖のパノラマ写真

日本一透明度の高いカルデラ湖 摩周湖
霧が晴れて凪の時の摩周湖は絶景ですね!

春夏秋冬、季節を越えてみたい湖ですね。

摩周湖の感想

 比較的 標高の高い位置にある湖なので、空気が綺麗で、湖面が神秘的に周りの景色を反射しています。

スケールは小さいですが、湖面方向に見える人工物は展望台のみで、静かでとても落ち着きます。
遠くの雲がなければ、斜里岳も見えたかもしれません。

天候が重要な要素となりますが、美しい湖面、美しく険しい外輪山、東側に目をやれば、硫黄山アサトヌプリの地底からの蒸気、その向こうの屈斜路湖が見える風景は、北海道に来たら見逃すわけにはいかないでしょう.

LAKE MASHU 摩周湖

私の場合ですが、4回目のトライで、やっと、晴れた摩周湖を見ることができました。
火口に蓄えられた水面は、とても綺麗でした。

また、機会があれば覗きたい火口湖になりました。

好奇心

何故?と考えることは好奇心の現れです.
心を動かされることは、楽しいこと.

スポンサーリンク

毛無峠小串鉱山跡

毛無峠

過去に硫黄鉱山のあった毛無峠は、素晴らしい景色のある峠でした.途中の道路が狭く荒れているので注意が必要です.

R292_sibu

国道292号線 渋峠

国道最高地点 2,172m を通る絶景ロード. ワインディングを駆け上がると北アルプスから榛名山や赤城山など目に飛び込んでくる.

冠山峠

県境峠 福井県&岐阜県

福井県と岐阜県の県境峠は標高が 1000m 前後でとても険しいが、過去の歴史的な物語が隠されているようです.

福井県鉱山跡

鉱山跡 福井県大野市

福井県大野市の鉱山跡を散策すると、そこには過去の歴史が垣間見れました.コンクリートの塊やズリ山の跡に感じるものがありました.

天空林道

何で一人旅

何で一人旅かなと自分でも考えることがあって、誰にも邪魔をされない自由な旅だけど、ちょっと不安で寂しい気持ちにもなります.

軽量コンパクト

日本人の軽量コンパクトは、日本列島の厳しい自然から生まれた日本人のDNAだと思います. 俳句、ウオークマンなど、

旅の本質を考察する

一人旅の本質を考えてみよう。家族を食べさせるために一人で危険を背負って違う世界をみること。そして、種を存続するために、井の中の蛙にならず、大きな世界に挑戦し、感じること。

大土町

まるで昭和の村 大土町

薄暗い細い道路を川沿いに走ると急に視界が開けて、昭和初期の風景が目に飛び込んできます。初めて訪れる人はこの風景に感動します。

天空牧場(跡)・能楽の里牧場

元牧場のあったところにある鉄骨の建物と絶景の見晴らしに驚きました。道路は狭いですが一応舗装されていますので、天気の良い日に行くと絶景が見られると思います。

林道 高倉山線 石川県白山市

林道高倉山線は石川県白山市にある尾根沿いの未舗装林道(一部舗装)です。眺めは比較的良いですが、路面が荒れているところがありますので注意が必要です。

摩周湖

霧の摩周湖(カルデラ湖)

綺麗で神秘的で魅力的な摩周湖(カルデラ湖)は、バイカル湖に次いで世界で二番目に透明度の高い湖です。霧で包まれていることが多いですが一生に一度は湖面を見たいですね。

蔵王の御釜

蔵王の御釜

蔵王の御釜は、五色沼ともよばれる火口湖です。宮城県と山形県の県境あたりにあって、大きめの写真を掲載してありますが、その存在感は実際にみないとわかりません。

東尋坊の柱状節理

東尋坊の柱状節理

日本海の激しい波で侵食されて作られたとされる、東尋坊の柱状節理の最大の特徴は、直径3メートルもの節理だと思います。遊覧船から見る切り立った岩肌の是非見てください。