めんど旅

摩周湖

スケールは小さいですが、湖面方向に見える人工物は展望台のみで、静かでとても落ち着ける湖です

摩周湖(ましゅうこ)は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。
摩周湖一帯の火山活動は約3万年前から始まった。山頂を失う以前の姿は富士山のような成層火山で、標高は2,000メートル程度と考えられている。当時の安山岩質溶岩流が外輪山を形成している。摩周湖に相当するカルデラは約7000年前の大噴火で形成された。巨大カルデラ噴火としては九州南沖の鬼界カルデラとほぼ同じ時期で、日本国内では最も新しい。その後約4000年前からカルデラ東部で噴火が始まりカムイヌプリ火山が成長した。同じ頃カルデラ中央(湖底)でも溶岩ドームが形成されカムイシュ島ができ、現在の地形となった。
wikipediaより

霧の摩周湖

霧の摩周湖は、本当に霧が多い湖です。 原因は、摩周湖の南側にある釧路湿原の湿度らしいです。(NHKブラタモリで解説がありました) 写真は、摩周湖に霧が流れてきて摩周湖の外輪山の一番高いところ、カムイヌプリが隠れていくところです。

摩周湖の位置

霧に隠れるカムイヌプリ

北海道の道東に位置し、知床半島の付け根より少し内陸部です。

南側に釧路湿原、北側が網走

東側に足寄といった位置関係になります。

 

グーグルマップより

摩周湖と屈斜路湖は硫黄山(アトサヌプリ)を挟んで並んで位置しています。
北海道はたくさんのカルデラ湖があって、火山や温泉がたくさんあることから地殻変動の影響があった大地だろうと予想できます。

道東

摩周湖の展望台は3箇所

幻の摩周湖第二展望台がある様ですが、普通に入れる展望台は右下の地図の3箇所です。

有料だが広い摩周湖 第一展望台駐車場

摩周湖 第一展望台駐車場とアトサヌプリ駐車場は有料で共通で使用できます。
摩周湖 第一展望台は、レストハウスが併設された観光用の展望台のようです。
駐車場から展望台からの距離も近いので気軽に摩周湖の湖面が見られます。
一枚の写真に摩周湖全体を写したいのならば、摩周湖 第一展望台が良いと思います。

見どころが並んでいる

道路脇狭い駐車スペースの摩周湖 第三展望台

第三展望台は、道路脇の狭い無料の駐車スペースがあります。
カムイヌプリ(外輪山の最高峰)が正面に見える絶好の位置だと思います。
個人の好みがあるのでなんとも言えないのですが、第三展望台は摩周湖の湖面が広く見渡せるところが個人的には良いですね。
写真にする時は、広角レンズかパノラマ写真がおすすめです。

摩周湖の展望台は3箇所

裏摩周展望台

位置的には、カムイヌプリ(摩周湖の外輪山にある噴火口)が一番大きく見える展望台になっています。
若い頃にバイクで訪れたのは、現在の裏摩周展望台でした。
しかし、山の下は霧なんかなかったのですが道路を上がっていくと前方が10mくらいしか視界がないほどの霧でした。
当然、摩周湖は霧の中でした。

そして、幻の第二展望台は、現在は藪の中らしいです。

摩周湖 第一展望台から
摩周湖第三展望台
摩周湖

摩周湖のパノラマ写真

日本一透明度の高いカルデラ湖 摩周湖
霧が晴れて凪の時の摩周湖は絶景ですね!

春夏秋冬、季節を越えてみたい湖ですね。

摩周湖の感想は?

 比較的 標高の高い位置にある湖なので、空気が綺麗で、湖面が神秘的に周りの景色を反射しています。

スケールは小さいですが、湖面方向に見える人工物は展望台のみで、静かでとても落ち着きます。
遠くの雲がなければ、斜里岳も見えたかもしれません。

LAKE MASHU 摩周湖

私の場合ですが、4回目のトライで、やっと、晴れた摩周湖を見ることができました。
火口に蓄えられた水面は、とても綺麗でした。

また、機会があれば覗きたい火口湖になりました。

好奇心

何故?と考えることは好奇心の現れです.
心を動かされることは、楽しいこと.