東尋坊 福井県坂井市

TOJINBO COLUMNAR JOINT 東尋坊 柱状節理

柱状節理で有名な福井県坂井市の海岸にある東尋坊です。
節理の岩が大きく、海面から垂直に立っているので迫力があります。
柱状節理の上を歩くこともできるのですが、崖から落ちないように注意が必要です。

PLACE 場所

 〒913-0064 福井県坂井市三国町安島

Google マップで検索 64QG+36 坂井市、福井県

Wikiペディアより

日本海の荒波を受ける、ここ福井県坂井市にある東尋坊は、柱状節理の断崖で有名であります。
東尋坊を構成する岩は、輝石安山岩の柱状節理で、これほどの規模を持つものは世界に3ヶ所だけであり、地質上極めて貴重とされ、さらに、国の天然記念物および名勝に指定されています。
観光地として開発されており、遊歩道や遊覧船、展望用のタワーや商店街などもあります。
地名の由来は、乱暴あるいは恋愛関係で恨みを買って此処から突き落とされた平泉寺(勝山市)の僧の名前らしいです。

東尋坊は、今から約1,200 – 1,300万年前の新生代第三紀中新世に起こった火山活動で、マグマが堆積岩層中に貫入して冷え固まってできた火山岩が、日本海の波による侵食を受け地上に現れたものとされています。
東尋坊の火山岩は白色の斜長石の斑晶や暗緑色の普通輝石・紫蘇輝石の斑晶を含む東尋坊安山岩で、マグマが冷えて固まるときにできた五 – 六角形の柱状の割れ目(柱状節理)がよく発達しています。
この柱状節理の規模の大きさが地質学的に極めて貴重であるとされ、昭和10年(1935年)に国の天然記念物・名勝に指定されました。
また、平成19年(2007年)には日本の地質百選に選定されました。

東尋坊
柱状節理 東尋坊
上の写真をクリックするとピクセル等倍で見ることができます。是非堪能してみてください!
写真をクリックすると新しいウインドウで元画像のサイズに表示されます。
通信環境によって、表示が遅くなることがありますので注意してください。
写真情報
Device model:SIGMA DP2 Merrill
Focal length:30 mm
F number:f/4.5
Exposure time:1/125
 

東尋坊柱状節理の風景はどうですか?

柱状節理が海に飛び出ているところや、波の力で丸裸にされた柱状節理の見事な柱など、大自然の作った彫刻を見ているような気にさせてくれますね。
柱状節理の見事さ、日本海の荒波の激しさ、西に沈む夕日の偉大さ、ここから落ちたらただでは済まないなと思わせる恐怖心など、人と自然の力の差を感じさせてくれる場所と思います。
この見事な自然の彫刻を、一生に一度見ておくのも良いのかもしれませんね。

※この文章はjun-2020に書きました。POP KARAIE 唐家克也

Follow me!

コメントを残す