霧の摩周湖(カルデラ湖)

LAKE MASHU 摩周湖(ましゅうこ)

霧の摩周湖

霧の摩周湖は、本当に霧が多い湖です。
原因は、摩周湖の南側にある釧路湿原の湿度らしいです。(NHKブラタモリで解説がありました)
写真は、摩周湖の上空に霧が発生して、太陽光線を遮った様子です。
湖面には霧がなかったので、湖面に太陽光が反射して幻想的な風景となりました。

wikiペディアより

摩周湖(ましゅうこ)は、北海道川上郡弟子屈町にある湖。日本でもっとも、世界ではバイカル湖についで2番目に透明度の高い湖である。
摩周湖一帯の火山活動は約3万年前から始まった。山頂を失う以前の姿は富士山のような成層火山で、標高は2,000メートル程度と考えられている。当時の安山岩質溶岩流が外輪山を形成している。摩周湖に相当するカルデラは約7000年前の大噴火で形成された。巨大カルデラ噴火としては九州南沖の鬼界カルデラとほぼ同じ時期で、日本国内では最も新しい。その後約4000年前からカルデラ東部で噴火が始まりカムイヌプリ火山が成長した。同じ頃カルデラ中央(湖底)でも溶岩ドームが形成されカムイシュ島ができ、現在の地形となった。

摩周湖の位置は、

知床半島の付け根より少し内陸部です。

mashu

グーグルマップより

摩周湖と屈斜路湖は硫黄山(アトサヌプリ)を挟んで並んで位置しています。

典型的なカルデラ湖で、湖面には小さな島、たぶん火口に残った最後のマグマか?
展望台は3ヶ所ありますので、全部回れると良いかもしれません。

mashu2

摩周湖の感想は?

比較的高い位置にある湖なので、空気が綺麗で、湖面が神秘的に周りの景色を反射しています。
スケールは小さいですが、湖面方向に見える人工物は展望台のみで、静かでとても落ち着きます。

LAKE MASHU 摩周湖

4回目のトライで晴れた摩周湖を見ることができました。
霧が晴れたら、火口に蓄えられた水面は綺麗でした。

摩周湖のパノラマ写真

※この文章はjun-2020に書きました。POP KARAIE 唐家克也

Follow me!

コメントを残す