鉾島 福井県福井市鮎川町

OSHIMA PLATY JOINT 鉾島(ほこしま)板状節理

福井県の北部の風光明媚な越前海岸(国道305号線)をクルマで走行していると、様々な形の岩が見られます。
近くで火山活動や造山活動、地殻変動の痕跡なのか、鉾島神社の周辺もそんな風景です。

鉾島(ほこしま)は、福井県福井市南菅生町に位置する黒雲母角閃石流紋岩の柱状節理の島である。
約1500万年にマグマが周囲の地層を貫いた柱状節理でできており地学的に東尋坊や雄島の柱状節理を調べる上で重要な島である

wikipediaより

神社の御神体は、この柱状節理の岡?の上に祀ってあるようです。

鉾島

鉾島の山頂↑です。
眺めは悪くないですが、少し木が邪魔をします。

鳥居をくぐって、少しいくと、鉾島の全景が見えます。
鉾島の全体が見事な柱状節理の島となっており、地質好きにはたまらない場所になります。
柱の方向は、海側に少し倒れており、節理のサイズは東尋坊に比べると小さいが、いい感じで全体が見えるのが良いですね。

比較的大きめの節理もありますが、風化の進み具合は進んでいるように見えます。

海の青と柱状節理の火山岩ぽい黒色が面白いコントラストを見せてくれます。

上の3枚の写真をクリックするとピクセル等倍で見ることができます。是非堪能してみてください! 写真をクリックすると新しいウインドウで元画像のサイズに表示されます。 通信環境によって、表示が遅くなることがありますので注意してください。

Follow me!

コメントを残す