焼き網 チタングリル バーベキュー 用鉄板・網は便利

チタン製ファイアーグリル

いろんな呼び方ができるので、メーカーはしっかりと命名した方が良いと思いますね!

ピコグリル398やTokyoCamp 焚火台に使うアミ、グリルならば、軽くて丈夫で洗うのが楽なチタングリルがおすすめですね。

このチタン製ファイアーグリルは、ピコグリルの収納袋に入れておきます。

チタン製ファイアーグリルのサイズは約25X11cm 重さは142g(カタログ値)です。
ピコグリル398の土台の棒の間隔は22cmなので、チタングリルの穴を使ってピコグリルの縦の棒の出っ張りに乗せるととても安定するので良いですね。

上の写真のようにピコグリルとチタン製ファイアーグリルを合体(?)させます。

チタン製ファイアーグリルは、使い方は色々で、グリルの上で直接肉を焼くことも可能です。
写真は、ヨコザワテッパン2を上に置いて焼いています。

チタン製ファイアーグリルは、焚き火でチタン製のクッカーや水筒(キャンティーン)を置くこともできるので、わざわざ、上から吊るす必要もないので、重宝しています。

最大のメリットは

単なる穴の空いた板なので、洗う面が平らですから、網(アミ) を洗うよりも、とても楽で簡単ということです。

欠点は、

こんな、何かの部品を打ち抜いたようなチタンの板が数千円もすること。
チタンは熱膨張は少ないと聞きますが、熱伝導性がよくないためか、熱が加えられた部分が膨張して変形するところです。
機能的には、全く問題ないのですが、少し気になるところです

焚火台付属の棒よりも安定するので、おすすめです。

穴の形状を工夫することで、変形を少なくできるかもしれませんね。

Follow me!

コメントを残す